特別セーフ ⛰Deutschland embroidery 1950 テーブル用品
特別セーフ ⛰Deutschland embroidery 1950 テーブル用品
m90863623755-6621-4Q0
12,264円 16,800円

⚠️【メルカリのみ出品しています。他のサイトに出品はありません】サイズ 〔約〕160㎝×122㎝♧ドイツで1950年代に作られた厚手でしっかりとしたCotton地に可愛らしいポピー・ヤグルマギク・バラ・ムギの穂などバイエルンの牧草地に咲く春の花々と繊細なライン【ドイツアンティーク刺繍】が丁寧に施されています。又周囲はブルーの太いレース編みでキチンと纏められています。大きなテーブルクロスです。♧白地に色鮮やかな刺繍ですが春の光の中ではくすんでしまい綺麗な色に撮れませんでした。⛰クロスには糸の解れ、切れ、シミ、キズ等見当たらずドイツ手刺繍が施された70年前に作られたクロスです。綺麗にお洗濯されていますので、ちょっとアイロンかけてお使い頂けます。♡古いドイツ刺繍にご理解を持ち、楽しんでお使いいだける方にお譲りできたらと思います。⛰初めましての方はプロフィールをご覧下さい ドイツアンティーク刺繍ハンガリー刺繍カロチャ刺繍アンティーク手工芸品テーブルクロステーブルマットフリークロス趣味手芸ハンドメイド生地、糸

Menu

あきらめないゾ! リストラ後5年で、ついに職を得た男性のど根性

就職活動がラクではないことはもう体験済み…という人は少なくないはず。不況下にあって、しかも60歳とくれば、職を得るのが極めて難しいことは想像がつく。しかし、就活歴5年、求人募集に応募しても、ひたすら断られ続けたこの男性の根気強さは特筆に価しそうだ。「デイリー・メール」紙が伝えた。

イングランド南西部デヴォンのトーキーに住むロビン・ボーネスさん(60)は電気工として働いていたが、55歳でリストラにあってしまったという。

生活保護を受けながら暮らしていたが、一念発起し、就活を開始。しかし、応募してもことごとく断られ続けたとされている。

転機が訪れたのは、求職者を支援する組織「Pluss」の助けを得られることになってから。就職に役立つ技術を見につけるコースを取らせてもらったあと、面接に着ていくためのスーツを与えられたばかりか、公共交通機関では行けない会社での面接に際しては、車で送迎までしてくれるという手厚いサポートを受けたという。

求人募集に応募すること、なんと547件。

断られ続けたボーネスさんだったが、ついに地元企業の警備員として採用されるに至った。

まさに548回目の正直。「あきらめてはいけない。求めるものは、もうすぐそこまで来ている、と信じてほしい」とボーネスさんは熱く語っている。

グラントイーワンズ アティーボハイソックス

GYPSUM-BLOCK.IR RSS