経典ブランド M・U SPORTSのキャディーバッグ バッグ
経典ブランド M・U SPORTSのキャディーバッグ バッグ
m68293295149-50666-beE
5,840円 8,000円

出品内容:M・U SPORTSのキャディーバッグです。\r10年ほど前のモデルですが、使用回数も低く大切に保管していたので比較的綺麗な状態です。 バッグ底面の黒色樹脂に所々小傷があります。 バッグのヘッドカバーに多少の擦れ痕があります。 バッグ本体への傷はありません。 ファスナー部分も綺麗な状態で破損などありません。\r\r・小物ポーチ付き\r・キャスター2輪(ハンドル可動式)\r・大きめの収納ポケット\r・重量3.7kgの軽量バッグ発送方法:ビニール包装で封緘後にクロネコヤマト簡易キャディバッグカバーに入れてらくらくメルカリ便で発送致します。

Menu

あきらめないゾ! リストラ後5年で、ついに職を得た男性のど根性

就職活動がラクではないことはもう体験済み…という人は少なくないはず。不況下にあって、しかも60歳とくれば、職を得るのが極めて難しいことは想像がつく。しかし、就活歴5年、求人募集に応募しても、ひたすら断られ続けたこの男性の根気強さは特筆に価しそうだ。「デイリー・メール」紙が伝えた。

イングランド南西部デヴォンのトーキーに住むロビン・ボーネスさん(60)は電気工として働いていたが、55歳でリストラにあってしまったという。

生活保護を受けながら暮らしていたが、一念発起し、就活を開始。しかし、応募してもことごとく断られ続けたとされている。

転機が訪れたのは、求職者を支援する組織「Pluss」の助けを得られることになってから。就職に役立つ技術を見につけるコースを取らせてもらったあと、面接に着ていくためのスーツを与えられたばかりか、公共交通機関では行けない会社での面接に際しては、車で送迎までしてくれるという手厚いサポートを受けたという。

求人募集に応募すること、なんと547件。

断られ続けたボーネスさんだったが、ついに地元企業の警備員として採用されるに至った。

まさに548回目の正直。「あきらめてはいけない。求めるものは、もうすぐそこまで来ている、と信じてほしい」とボーネスさんは熱く語っている。

C0215S 未使用品 dunhill ラディアル ボストンバッグ

GYPSUM-BLOCK.IR RSS